FC2ブログ

絶景、スイス・ルツェルンのピラトゥスとティトリス~ヨーロッパの旅・2017

ルツェルンの中心部にあるお洒落なブティックホテルではマウンテンビューのスイートルームが用意されていました。お部屋からは、ピラトゥスの山容が目の前に。窓ガラスにはピラトゥスの図示もあって粋な演出です。宿泊先はHotel Anker Luzernお部屋もレストランもレセプションも非常にクオリティが高く、大満足の滞在でした。ちなみにホテルの口コミなどはbooking.comで、Masakatsuの名で良かったポイントを中心に、少しだけ書いて...

絶景続きのドロミティからスイス・ルツェルン、ピラトゥス~ヨーロッパの旅2017

ロープウエイやゴンドラなどの、山に懸かる乗り物にはツイていませんでしたが絶景のドロミティをあとにして国境を越えてスイスを目指します。当然ながら、イタリア・スイス国境はアルプス越えです。楽な道は一つもありません。ドロミティがある南チロルから、目的地のスイスのルツェルンまでは安全なルートを考えれば、一旦オーストリアに北上しインスブルックまで行ってからチロルの谷を西進し、リヒテンシュタイン公国をかすめな...

絶景のイタリア・ドロミティへ~ヨーロッパの旅2017

絶筆か?と思われたヨーロッパの旅2017、後半部分。随分間が空きましたが、後半も本当に素晴らしい旅になりました。遅ればせながら、続きを書こうと思います。パリ→ドーバー海峡→セブンシスターズクリフ→ロンドン→エトルタの崖→ノルマンディの港町、オンフルールと巡り前回はパリでレンタカーをリターンする所まで、でした。~ここからが続きです~パリ・シャルルドゴール空港で最初の車を返却して空路、ミラノにやって来ました。...

フランスの絶景・エトルタの崖~ヨーロッパの旅2017

英国から、再び船に車を載せてフランスへ戻ります。行きはカレー→ドーバーの航路を利用しましたが帰りはフランスでの目的地の都合上、ニューヘイブン→ディエップという、少し距離の長い航路を使います。ここでも「90分前にチェックインを済ませるように」との案内があるのですが実際には2時間前に着いてしまい、チェックインもスムーズで、随分と待たされてしまいました。これはニューヘイブン港で乗船を待っている所ずっと先の...

快晴のロンドン観光~2017ヨーロッパの旅

大都市ロンドンではコンジェスチョンチャージ(車の入境税)や駐車場の心配があったので宿泊地のイーストボーンに車を置いて、電車でロンドン入りしました。イーストボーンからロンドンへは、私鉄のサザン(鉄道)で直行できます。チケットは鉄道会社のHPから事前購入できて、カード決済してありますので、切符の自動販売機では予約の番号を入力すればチケットを入手できます。日本ほど高機能な自販機ではありませんが、ネットで...