セイヨウスグリのお話。

suguri

生の状態での見た目がとても美しいこの実は
この辺りでは夏前によく採れる『すぐり』という実です。
俗にグースベリーとも言います。
ベリーのお仲間で酸味が爽やかなのが特徴で、
他のベリーと違って生のまま食べるととても酸っぱい!!
でもお砂糖で煮るととっても美味しいコンフィチュールになるんです。
(このちっちゃい子たちの下のもじゃもじゃと
頭の緑の角の部分をちまちま取り除く作業は気が遠くなりますが・・・涙)

フランス語にすると「Groseillier à maquereau」(サバへのグロゼイユ)
へ?どういう事??とよく調べると
フランスには伝統料理としてサバに添えて食べるそうです。
なるほど、、サバのためのグロゼイユ。。。

フランス人は甘いものとしょっぱいものを一緒に食すのがお好きなようで
フルーツを合わせたお料理がいくつも存在するのです。
そうそう、フルーツのコンフィに包まれたフォアグラとか美味しかったな♪

お料理にも使いようで楽しめる万能なすぐりのコンフィチュール。
もちろんシンプルにパンやヨーグルトと一緒に味わうのもOKです。
初夏の信州の珍しい果実を味わってみてはいかがですか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント