ロワールドライブ旅④~海の中に出現する道、パサージュ・デュ・ゴア、「ゲランドの塩」の塩田

パサージュ・デュ・ゴア/Passage du Goisにやってきました。
道路の標識はあっても道は無し。

それもそのはず、干潮の時にだけ現れる道です。
塩田で有名なノワルムティエ島に渡る全長4キロ超の
長い海の中の道。
ツールドフランスのコースに使われた事もある有名な場所です。
以前から憧れていたLe goisにとうとうやって来ました。感激です。
s-PC011162_20150217170946537.jpg

ゴアの道の説明の看板です。
途中に点在する櫓は、渡っている途中で潮が満ちてしまった時用の避難所です。
潮の満ち引きがとても速い場所としても有名です。
満潮時の水位は4メートルといいますから、潮位の差も大きく
歩いて渡る人もいますから、必要な施設なんでしょうね。
車があっという間に潮に飲み込まれてしまう動画なども見た事があります。

s-PC011165_20150217170947fd0.jpg
日本でも干潟で有名な有明海で
海の中から現れる道を見た事があります。そのフランスバージョンですね。
干潮は一日に2回ありますが
残念な事に、本日の干潮は夕方の6時頃と翌早朝との事。
(パサージュの入り口の町に電光掲示板で表記されています)
この日は夕方のフライトでストラスブールへ飛ぶ事になっていましたので
渡るのは断念。
いつかまた、トライする日を楽しみに。
s-PC011166_201502171709499a2.jpg

この地域は有名なゲランドの塩をはじめ、塩の名産地です。
ゴアの道以外にもノワルムティエ島に渡る橋があって、こちらにも塩田がありますが、

車は進路を北に変えて、ゲランドの塩田地帯を見に行く事に。
大河・ロワールが大西洋にそそぐ町、サン=ナゼールには
ロワール川を跨ぐ巨大なサンナゼール橋が架かります。

s-DSC_0714.jpg
写真では伝わりませんが、びっくりするほどの高さです。
車で走っても本当に怖いです。
s-PC011159_20150217170926808.jpg
ロワール川を渡り、サンナゼールの町を通過すると、ほどなく塩田地帯に到着します。
運河の奥に釣り竿のように見えるのは、
上下に動く可動式の網です。
ボルドーのジロンド川流域などでも見ましたが、おそらくこの地の伝統的な漁法なのでしょう。
s-PC011157_20150217170924389.jpg
塩田は区画が小さいものがたくさん立ち並んでいて
プロヴァンス地方の「カマルグ」のような大塩田とはまた違った趣です。

あちこち走り回ってみましたが
どれもある意味水たまり風で(笑)
これぞ塩田!というような風景には出会う事ができませんでした。
それはそれで面白い思い出です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。