RENAULT LUTECIA

愛車ルノー・ルーテシア。
1.2リッターのダウンサイジングターボ、デュアルクラッチのMTベースのセミオートマ。
節度感のある素早い変速と、ダイレクト感抜群のアクセルのフィール。
サスペンションは固めだけど、ワインディングでビシッと決まる足は、お見事。
運転していて、とても気持ちいいクルマ。

その愛車が
9月9日に立体駐車場で、ぶつけられて以来修理中。。
もう3週間経つけど、まだ帰ってこない。

僕は所定の位置に車を止めて買い物をしていたので
ケガもなく過失割合も10対0だけど

修理してもらった所で、事故車になっちゃうわけで、とても悲しい。
愛車だけにね。

代わりにやってきた車は
日本車の人気車種なんだけど、僕にはこれがイマイチ、ピンと来ない。
いや、イマイチという表現は失礼かな。
とても良くできていて、便利でスムーズ。
だけど、肝心な「走り」が楽しくないの。

改めて、ヨーロッパ車の「走り」の楽しさを思い知る事に。

愛車を失って以来、無味乾燥な日々が続きます。
早く戻ってこないかな~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。