2016ヨーロッパ・その3

フランス・スイス国境に位置するレマン湖のほとりの、フランス側の街
エヴィアン=レ=バン(Evian-les-bains)に到着しました。

今回の旅では、ホテルのチョイスを変えて
「レストランが美味しそうなホテル」を選ぶようにしました。
P3301252.jpg 
今までは宿泊費の安いホテルを利用し
レストランは別に予約して
一旦チェックインしてから食事に出ていたのですが
これがどうにも効率が悪い。
ホテルに着いて、一日の疲れがドッと出たところで
またレストランに出発というのは結構しんどいです。
車で行けばお酒も飲みにくいし。

そもそも日本人の理解する「レストラン」の概念は若干ズレていて、
(オテルまたはレストラン=日本の概念のホテル、ビストロ=日本の概念のレストラン)
ヨーロッパのリゾート地はどこへ行っても
レストランはホテルとセットになっています。

これまでも、宿泊したホテルのレストランが美味しそうなのに
後ろ髪を引かれながら外出したり。

逆に、わざわざ行く素敵なレストランというのが、
よく見るとホテルのダイニングだったりという事が多くて。
そう、単純にそこに泊まれば楽なわけで。

そんなわけで、我々の出した答えは
最初からレストランの良さそうなホテルをチョイスして
現地に到着してから、改めてレストランの様子を見て
良さそうなら利用し、イマイチそうなら外食(=ビストロ)に切り替えるという作戦。
ちょっと予算はかかるけど格段に楽になりました。

話が長くなりましたが
ホテルに着いて、美味しい食事を堪能して、バタンキュー。サイコーです(笑)

さぁ翌朝です。
エヴィアン=レ=バン、レマン湖の風景です。
P3301255.jpg

 
名水EVIAN(エヴィアン)を生む町として有名で
湖水は美しく、風景は穏やか。
まーエヴィアンは硬水なので、僕は軟水のVOLVICが好きですが(笑)

レマン湖はとても大きな湖です(琵琶湖よりちょっと小さいくらい)
左回りでぐるりと回りこんで、スイス側(北側)に入ります。
P3301264.jpg

北側に回り込むと
徐々に南側に展開するフレンチアルプスの山々が視界に入ってきます。
これがレマン湖の北側が素晴らしいと言われる所以。

P3301265.jpg 
これが湖畔の名城、シヨン城です。
今回はちょっと先を急ぐこともあり、駐車場からパチリ。
中国系の観光客がたくさん来ています。

南側の美しい山々も顔を出し始めました。
P3301271.jpg 

そして、今日の目的地の一つ
世界遺産「ラヴォー地区の葡萄畑」です。
P3301274.jpg 
思わずため息が出るような美しさ。
ラヴォーの様子は次回の更新にて!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント