2016ヨーロッパ・その7

さて、南の島から2016年ヨーロッパ紀行に戻ります。
再びレマン湖畔のエヴィアン-レ-バンの朝
P3311451.jpg
まずは湖の南(フランス)側を西進し、国境を越えスイス・ジュネーブへ向かいます

はい、ジュネーブ到着。実際近いです。
先日のラヴォー地区で買えなかった、ラヴォーのワインを入手するべく
ワインショップを探します。
P3311455.jpg
なかなか国外へ出ないワインという事で、見つからない可能性もありましたが。。
町を散策しつつ、見つけました!ラヴォー地区のワイン
スイスのワインは非常に繊細で口当たり優しくフルーティ
ほんのりと甘さも感じるので、誰にでも飲みやすい味わいに仕上がっています。
12957608_1006792332691338_5913615348569816330_o.jpg
エノテカのムッシューの説明を聞き、じっくり選んで買って来ました
とても美味しかったです。

このブログを書いている時点では、とっくに飲み終わっていて
写真を見て、あ~、また飲みたいなと喉をごくりと鳴らしております(笑)
12957548_1006792336024671_8432785603623912385_o.jpg 
お目当てのワインを手に入れたので、あとは町を少し散策
飲み水が湧いています。飲みませんでしたがw
P3311457.jpg
車はジュネーブを離れ
再びフランスに入りシャモニー・モンブランを目指します。

高速道路A40ブランシュ高速道路(Autoroute Blanche)をひた走ると
シャモニー(Chamonix)の街の手前に
モンブラン・サービスエリア(Aire de Passy Mont-Blanc)があり
標高4810m、西ヨーロッパ最高峰・モンブランの雄姿を眺めることができます。
あいにくの曇り空ですが、ギリギリ頂上が見えています。
P3311461.jpg
モンブランを見るためにここまで来たのですから
どうしても見ておきたかった(結局モンブランの山頂が見えたのはこの日だけ)
このサービスエリアはモンブランのみならず
周囲の美しい山々が一望できてとても素晴らしい場所にあります。
山々の案内も整っています。
P3311462.jpg 

シャモニーに到着しました。
町の端の巨大な駐車場に車を止めて町の中心部へ歩くとすぐにこれ。
エギュイユ・デュ・ミディ展望台へ上るロープウェイ(Telepherique Aiguille du Midi 3840m)の乗り場。
シャモニーはメールドグラスへ向かうモンタンヴェール鉄道や
ブレヴァン展望台へのロープウェイなど、いくつかの乗り物の起点になっていますが
今回はこのエギュイユ・デュ・ミディ展望台へ行くのが最大の目的です。

P3311465.jpg
しかし、残念ながらこの日は強風と悪天候のため運行休止。
色々ついていません。。

エギュイユ・デュ・ミディ展望台の、シャモニーの町を挟んだ反対側に
ブレヴァン展望台へのロープウェイがあって、そちらは動いているようでしたが 
(動いているのは下の町からも確認できます)
雲が多く、展望台からの眺めが期待できそうにないので、それもパス。
(今更ながら行けば良かったかなと後悔も・笑)
時間はたっぷりとあって、色々動きたいのにとても残念です。

気を取り直して、町を散策することに。
シャモニーは周囲の山々が非常に美しい町です。
P3311467.jpg


モンタンヴェール鉄道の線路を渡る踏切から。
DENGER DE MORT(死の危険)・・過激な表現ですが
日本の地下鉄銀座線や丸ノ内線と同じ第三軌条式の登山電車なんですね
電車は右側のサブレールの所から集電して動力を得ます
確かに足を突っ込めばとても危険です。
P3311469.jpg

モンタンヴェール鉄道の乗り場前に広場があって
昔活躍した蒸気機関車が飾ってありました。
SLがラックレールを登っていた時代に思いを馳せると共に
山岳リゾートとしての長い歴史を垣間見る思いがしました。
P3311477.jpg

シャモニーの星付きレストランで食事をして(美味しかったけど内容は秘密です)
午後は山岳展望台を諦めて、丸々ドライブで遊ぶことに。
シャモニーからアルジャンティエール道路を抜けて、再びスイスに入国したあたりの峠の頂上。
右側のアルプスの山から流れてきた川が
真ん中の山を回り込んで左側の谷に流れ込む様子がよく分かります。
川はこの先で大河ローヌに合流して、レマン湖へ流れ込み
リヨン・アヴィニヨン・アルルを通過して、カマルグ湿原から地中海へと流れ込みます。
P3311483.jpg
 
シャモニーのホテルに戻ります。ホテルはHotel Mercure Chamonix les Bossons
ボッソン氷河の目の前。
部屋の窓からは氷河が見えて迫力満点
アルプスの山岳リゾートの楽しさを見せつけられました。
P4011488.jpg 
明日、天候が回復すればエギュイユ・デュ・ミディ展望台を目指します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント